医師求人に応募して採用され精神科専門の病院で働いた時のこと

悩みを抱えている人が多く来る

午前8時30分となり診察時間が開始すると、看護師がお客が来ましたと言うので、中へ入れてもらいました。
入って来たのは高校生の女子で、勉強についていけないと言って泣き出しました。
看護師と一緒になだめると、数学と社会の授業がわからず、テストは赤点ばかりと話してくれました。
どの分野がわからないのかと訊ねると、手持ちのバッグから数学と社会の教科書を取り出し、指でその箇所を指してくれました。
数学は2次関数の手前から学習のやり直しを勧め、社会は暗記の仕方を簡単に教えておきました。
女子は一気に明るさを取り戻し、笑顔でお礼を言ってその場を去っていきました。
看護師が対応のやり方が上手かったと言って褒めてくれました。
次に入って来たのは筋肉が逞しい姿の男性で、土木作業員をしていると言いました。
どんな悩みなのかと聞いてみると、親方が仕事を廃業させようとしていると言い始めました。
仕事がこなくなってしまったため、廃業を決意するのは仕方ないような気がしました。
ただ、それを口に出して言うわけにもいかないため、親方とよく相談をしてみましょうと答えておきました。
男性は大きく頷いてくれたので安心しました。

腰痛のせいで一度退職悩みを抱えている人が多く来るのんびりと働けて満足