医師求人に応募して採用され精神科専門の病院で働いた時のこと

医師に対する求人広告を出す際の注意点

私はクリニックで事務職に就いていたことがあります。
人事を担当したこともあり、事務員だけでなく医師や看護師の採用に携わった経験もあります。
医師や看護師に求人をかける際は、一般事務の募集をするのとは違った注意が必要になります。
病院に常勤で勤務していない医師は、給与よりも自由な時間を優先する傾向にあります。
給与額が十分であることは当然ながら、勤務時間や休日に関する詳細な明記が必要です。
また、小遣い稼ぎ程度に非常勤で勤務することを考える医師の中には、高齢の医師も多くいます。
その場合は「自分のやり方」というものが確立していて、クリニックでのやり方や新しいやり方に馴染もうとしないことも少なくありません。
病院として年齢層の高い方をあえて募集する場合は別ですが、そうでない場合は採用後の円滑な業務のためにも年齢制限やある程度のPC等の知識を求めることを求人に載せることも大切です。
また、医師はネットの求人サイトだけでなく医療ジャーナルや関連学会誌の巻末にあるような広告欄に掲載した求人もみていることが多いので、求める専門分野が決まっている場合は、その分野の学会誌等に求人を掲載する方がより多くの方の目に留まります。

腰痛のせいで一度退職悩みを抱えている人が多く来るのんびりと働けて満足医師に対する求人広告を出す際の注意点